麻布大学 生命・環境科学部 准教授 関本 征史

  • ポスター展示ブース: A-A14
  • 展示会:
    アカデミックフォーラム
  • 国名: 日本
  • 有害化学物質を見つけるレポーター細胞を使って環境へのリスクを予測する
  • 我々が作成した多種のレポーター細胞により、環境中に広く分布する有害化学物質の検出が可能となった。これら細胞を使って環境へのリスクを予測し、予防法の確立を目指す。

  • 発表日時: 7月3日 (水) 13:45 ~ 14:15
  • 会場: 青海展示棟 ACA-2

    出展製品・技術一覧

    • 有害化学物質を見つけるレポーター細胞を使って環境へのリスクを予測する

      我々が作成した多種のレポーター細胞により、環境中に広く分布する有害化学物質の検出が可能となった。これら細胞を使って環境へのリスクを予測し、予防法の確立を目指す。

    ロード中です

    ロード中です

    出展社による製品・技術セミナー

    • 有害化学物質を見つけるレポーター細胞を使って環境へのリスクを予測する

      我々が作成した多種のレポーター細胞により、環境中に広く分布する有害化学物質の検出が可能となった。これら細胞を使って環境へのリスクを予測し、予防法の確立を目指す。

      1. セミナータイトル 有害化学物質を見つけるレポーター細胞を使って環境へのリスクを予測する
      2. 我々が作成した多種のレポーター細胞により、環境中に広く分布する有害化学物質の検出が可能となった。これら細胞を使って環境へのリスクを予測し、予防法の確立を目指す。
      3. 日時: 7月3日(水) 13:45 ~ 14:15
      4. 開始時間 13:45
      5. 終了時間 14:15
      6. 会場: 青海展示棟 ACA-2
      7. 出展社による製品・技術セミナー フラグ いいえ
      8. アカデミックフォーラム フラグ はい
      9. バイオベンチャーフォーラム フラグ いいえ

    研究内容/発表者プロフィール

    • *

      1. 研究内容の概要/特長 環境中には、ヒトや野生生物に悪影響を及ぼす化学物質が広く分布しています。しかし、分析的手法では、それぞれの化学物質の毒性を評価することができません。我々は、哺乳類や水生生物由来の培養細胞株を用いて、化学物質のダイオキシン様作用、性ホルモン様作用、遺伝傷害性作用、炎症性作用などをモニタリングできる様々なレポーター細胞を樹立した。これら細胞を用いた化学物質の検出と、毒性評価への応用について紹介したい。
      2. 想定される応用分野 1)様々な媒体(水、大気、土壌、食品、化粧品)における有害化学物質汚染の検出および有害性の評価 2)化学物質の有害反応発現における動物種差の解析
      3. 発表者プロフィール 1999年 静岡県立大学大学院 薬学研究科 博士後期課程修了(薬学博士) 1999年-2003年 博士研究員(東海大学、北海道大学、静岡県立大学) 2004年-2007年 静岡県立大学 薬学部 助手 2007年-2009年 静岡県立大学 薬学部 助教 2009年-2014年 静岡県立大学 薬学部 講師 2014年-現在 麻布大学 生命・環境科学部 准教授 2018年-現在 麻布大学 学長補佐(教務・新教育プログラム担当) 現在、「異物応答性受容体の活性化機構」「化学物質の代謝活性化と発がん・アレルギーの関わり」「環境中医薬品による水生生物への毒性影響評価」「コンパニオン動物の発がん感受性因子の探索」などの研究に取り組んでいる。
      4. 研究分野カテゴリー:
        細胞・再生医療研究
        • シグナル伝達
        医薬・診断薬研究
        • 医薬品探索
        • ケミカルバイオロジー
        • ドラッグリポジショニング
        薬学・薬理学研究
        • 分析化学
        研究ツール
        • アッセイ開発
        がん、神経、免疫その他
        • 腫瘍・がん
        • 炎症・免疫
        その他の研究分野

    ※上記の情報は来場ユーザーから出展社への事前アポイント申請用に公開しています。
    それ以外の目的(セールスなど)で無断に使用・転載することを固く禁じます。

    当ウェブサイトは、運営と効用の改善のためにクッキーを利用しています。クッキーについての詳細、利用目的や管理方法は、プライバシー&クッキーをお読みください。尚、このサイトを利用するにあたり、あなたはクッキーの使用に同意していることになりますのでご留意ください。